ページトップへ戻る

代表友井の真心お届けします

2015年08月27日 | こだわりについて

屋根のメンテナンス方法

屋根は、1年中強い日差しや風雨にさらされる場所であるだけに、何が何でも傷みを防止しなければならない箇所です。
その一方で、人が出入りする玄関口、庭からは見えづらい場所にあるだけに、どうしても傷みに気づきにくい場所でもあります。
「大事な場所なのに、チェックが難しい」―それが屋根です。

家のオーナー様に覚えておいて頂きたいことがあります。
大前提として「どのような屋根材であっても、5~10年に1度はメンテナンスが必要」という事実です。
新築であっても、築年数を経ていても、同じことです。
屋根は、家というハコの中で一番、直射日光や風雪にさらされているのです。
そのような厳しい環境の中で、雨風をしのげるのは、屋根あってこそです。

この、5~10年サイクルの手当ての時期を逸してしまうと、雨漏りによって家を支える柱や梁といった一番大事な箇所をじわじわと蝕んでしまうことにもなります。
これもまた、お住まいになっている方の目に触れない部分ですから、気が付けば家そのものを失ってしまうことにもつながります。

お住まいの方の耳には聞こえない「家の悲鳴」をいち早く察知するには、5年に1度のチェックを受けることが必須です。
ここで一つお願いがあります。
「ただのチェックだから」と、ご自分で屋根に上がるのはおやめ頂きたいと思います。
落下という危険をはらむこと、専門家にしか見えない部分もあること、この2点からのお願いです。

83656cd36575e050542f6d669870106c_s

屋根材や状態によって、メンテナンス方法は全く違います。
下地材・塗料も年々進化しています。
最新の情報を持つ私たちに、チェックをさせてください。
屋根の素材、傷み具合、ご予算に応じたベストなご提案をさせて頂きます。

日本瓦・セメント瓦・スレート瓦・金属瓦、いずれにも対応できます。
普段目にできない漆喰や防水シートまで拝見し、お客様のニーズに適したプランを作成いたします。
「餅は餅屋」といいますが、屋根は私たちにお任せください。
地元で頑張る専門家集団の自負のもと、お客様のお気持ちに添える施工を第一義に考えます。

———————————————————————————————————
塗装に関しての質問や疑問は、何でもお寄せくださいね。
静岡県内で外壁塗装をお考えなら私たちににお任せください!

株式会社 クレッシェレジャパン
TEL 054-267-7712 FAX 054-267-7713
〒420-0812 静岡市葵区古庄6-16-13